洞爺湖の情報源つきうらん > つきうらん > つきうらんの歴史

開拓まで 北海道の統一行政機関として2度目の北海道庁が置かれた明治19年(1886年)、明治政府の政策で北海道に開拓の波が訪れました。

明治24年(1891年)7月。伊予国(現在の愛媛県)大洲藩最後の藩主、加藤泰秋子爵もその波に乗り、北海道の開拓を決意。一ヶ月あまりの調査の結果、洞爺湖に着いたそうです。

加藤泰秋子爵は月浦周辺の調査に2ヶ月を費やし、3名のお供を残して東京に帰りました。そして明治政府へ官有地払い下げの請願を起こした後、準備のために愛媛県へ帰還しました。
ちなみに請願の内訳は、月浦200町歩、仲洞爺300町歩、留寿都大原400町歩。※1町歩は、約9.9平方キロメートル

さあ!開拓の始まりです!
正式に払い下げの許可が出たのは2年後らしいのですが、先走ること明治25年(1889年)4月中旬。まだ雪の残る月浦に、再び加藤泰秋子爵が訪れます。

明治42年 加藤泰秋子爵別荘
明治42年 加藤泰秋子爵別荘

月浦開拓 当初、加藤泰秋子爵はアメリカのような農場経営を目指していたそうです。
しかし、広大な土地を目の前にしたものの、思うように入植者を確保できなかった加藤泰秋子爵は、加藤農場支配人の平尾嘉太郎のアドバイスもあり、仲洞爺、留寿都大原の各農場に責任者を置き、独立生産農場として分離しました。

この時、加藤農場の農業使用人は7人(明治24年)。そのうちの4名は香川県より入植した岡崎作治、臼杵嘉奈治、森川仙蔵、福崎雪治でした。
はてなに追加MyYahoo!に追加del.icio.usに追加livedoorClipに追加
地域掲示板
年間693円からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン
 
85種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん!ロリポップサーバー★
 
月額125円からの「さくらのレンタルサーバ
 
15ギガ525円!チカッパ!レンタルサーバー

Copyright(C) 2006 - 2017 洞爺湖の情報源 つきうらん=月浦人. All rights reserved.